主訴でないところが、今の症状とつながっている!

今日は夏の暑さでしたね。。

ココロとカラダを幸せに!
漢方マイン堂です。

 

日々、お客様から教えていただくことが、
本当にたくさんあります。

ご自身の体調に前向きに向き合うからこそ、
処方や生薬のこと、効果など、
不安や疑問も増していくのだと思います。

そうした、さまざまな質問を受けて、
知識をつけさせていただいたり、

お客様と同じような気持ちに共感して、
改めて自分を見直すことができたり。

そのようなときは、しみじみ、ありがたいなぁと思います。

 

イスクラ薬局の頃から、
ずっとご来店いただいているお客様も、そのおひとりです。

いつも楽しくお話をさせていただいています。

 

食べもの一つ一つの、ご自身の反応が敏感にでる方で、
多糖類の分解が弱いようだ、とのことでした。

例えば、
レンコンを食べると、どうもお腹の調子がよくないそうです。

アルコールも、一切、受け付けないとのことでした。

 

腸内細菌だったり、
解毒という意味では、肝臓だったり、
そうした、何かしら分解するチカラが足りない方は、
軟便気味だとか、
アレルギー症状としても出やすいかと思います。

現に、その方も、学生の時に、ジュクジュクのアトピーだったそうです。
今でも、調子の悪いときには、
湿疹として、カラダの信号が出るそうでした。

でも、湿疹は、お客様の「主訴」ではないのですね。

なので、はじめてのご相談から三年ほど経ちますが、
初耳だったのです。。

 

ここが、ポイント。

じつは、その、
主訴でないところが
ご自身の今のお悩みの症状と、つながっているのです。

元々のカラダの弱い部分を見えにくくしていた症状。
それが、お客様が、体質と向き合うことで、
一つ、また一つと取れて、
はじめは点と点だったものが、
あるとき、一気に線となってつながることがあるのです。

症状が多種に及んで、
体質が複雑に絡み合っていた方ほど、そのようです。

 

そのようなときは、本当に嬉しくなります!

「あ、やっぱりココだったんだ!」

そう思ったとき、霧が晴れて、
お客様の、本来の元気な姿が見えてきます。

自然治癒力が発揮されるとき、
ココロもカラダも、
本来のあなたを、思う存分に発揮するときかもしれません!

 

ココロに愛を♡カラダに栄養を。

あなたと共に成長できることを、
心から感謝しています。