ココロとカラダの不調和が、体質に現れている。

ココロとカラダを幸せに!
漢方マイン堂です。

 

なんとなく気になる体調不良はありますか?

まだ、数値には出ていなくても、なんか調子が悪いな。
そのココロの声を、逃さないでくださいね。

ココロとカラダのバランスが、
なんらかの原因で崩れると、調子が悪いと感じます。

そう感じる「未病」の段階で、
ココロとカラダの不調和が、体質に現れています。

 

ある日突然、体質が変わるのではなく、
いろいろなものが蓄積されて、偏ってしまったのです。

 

自然と一体であるという、
中医学の「天人合一(てんじんごういつ)」という思想。

当たり前のことなのですが、私はこの考え方が好きです。

そうでなくとも生活はできるので、
つい自然と調和することを忘れてしまって、
健康な生活からも、
かけ離れて行ってしまうのだと思います。

人は自然の一部。
人は自然界の生き物のひとつ。
実際は、自然と離れて暮らすことはできません。

 

自然との調和が乱れたとき、
陰陽、気・血・津液のバランスも崩れて、
不調につながるのだと、
中医学は教えてくれます。

それは、
暮らし方も、食べ方も、ココロの持ち方も、
全部つながっている。

 

全部丸ごと!

自然と調和しているか?
これが中医学の真髄です

「バランス」「調和」が大事なのですね!

 

私が薬膳の学校に通って、中医学を深く学び始めたとき、
東日本大震災が起きました。

私が一番考えさせられたのは、放射能の問題でした。

薬膳を学んで、
食養生の大切さを実感している最中。

北京中医薬大の薬膳の先生は、
放射能の排泄を促すような薬膳の情報を
発信しているような状況になりました。

 

そのときに、
いかに自然とかけ離れた生活をしているか、
電力に頼った生活をしているか、
いろいろ考えさせられました。

 

本来の、自然とつながる生活とはどういうものなのか?

経験してみないことには分からないと思いました。
体験したい!

そう思って、気づいたら
それを実践的に学べる、
パーマカルチャーの合宿に申し込んでいました^^

そこでは、

  • 自然と共存する生き方
  • そのためのコミュニティ・つながり
  • 電力に頼らない自然エネルギー
  • 自給自足

こうした、持続可能な環境や、考え方を教えていただきました。

ある意味、どのようなことにあっても、
生き伸びていけるような暮らし方です。

このとき初めて出逢った人たちと、
10日間、寝食を共に学びました。

石垣島の大自然に包まれて。
100年を超える古民家で時を過ごした経験。
それは私の意識を変えてくれました!

 

長くなるので続きます・・・

 

ココロに愛を♡カラダに栄養を。

あなたと共に成長できることを、
心から感謝しています。