カラダが変わると分かります! 

ココロとカラダを幸せに!
漢方マイン堂です。

11月は立冬になりますね。
山々も、続々と初冠雪を迎えています。

 

ご相談いただくなかで、
ほとんどの女性が、冷え性だとおっしゃいます。

私もそのうちのひとりですが・・・
根本から冷えている、というよりは、
血流が悪くて、手先足先などの末端が冷えている、
という方が多いです。

 

根本からの冷えの場合は、内臓の機能が低下するので、

◯便通は下痢気味です。
◯水分がカラダのなかに停滞しやすいので、むくみが出たりします。
◯温めるチカラが弱いので、寒がりです。
◯夏でも冷房の冷気は苦手です。
◯温めると、症状が改善することが多いです。

寒さを感じる度合いも、人それぞれです。

 

水分がカラダのなかに停滞しやすい。

これは、本当に冷えていると実感できると思うのですね。

 

私は体調不良のときは、とにかく寒くて寒くて、
ウールの腹巻き、レギンス、靴下、
モコモコの部屋着、タートルネック、湯たんぽ、・・・
あったかグッズを、とにかく揃えました。

ですが、その当時の記憶では、着ても着ても温かくない!
だから、また揃えて・・・
洗濯してしまうと、着るものがなくなってしまうのが心配でした。

とにかく寒かった
そんな記憶があります。

水分が停滞している、といことは、
カラダが「生乾き」みたいな状態です。

真冬に、生乾きのタオルを、外干ししている様子を想像してみてください。

さらに冷た〜くなってしまいますよね。

とにかく寒いのです。

 

ですが・・・

カラダが変わると分かります!

着たくならないのです!

今は、もう着ていません。
湯たんぽもお蔵入りです。

あの頃は、今のようになるとは想像していませんでした。

 

治らないと分からなくなってしまうのですね。

だからひと言で「寒い」といっても、
どれくらい寒いのか?

周りを見渡してみてください。
聞ける方がいたら、聞いてみてください。

人より、明らかに厚着しているとか、
じつは、カイロを何個も貼っているとか、
貼る時期が、人よりずいぶん早いとか、
感覚として、着ても着ても寒くて仕方がないとか・・・

 

これは、腎陽(じんよう)という、
カラダの根本の陽気が、不足している可能性があります。

そのようなときに、

「参茸補血丸(さんじょうほけつがん)」がオススメです。

鹿茸(鹿の角)という動物生薬が、腎陽を強めます!

 

腎を補うものは、いくつかあります。

水分停滞のひどい場合もあります。

また、湿疹も併発しているとか、
ストレスがあるとか、
局所的な熱さもあって、複雑な体質になっていることもあります。

 

より体質に合ったものは、ぜひお気軽にご相談ください!

 

ココロに愛を♡カラダに栄養を。

あなたと共に成長できることを、
心から感謝しています。