体質改善のための漢方について

 

中医学の考える健康

人間の身体の健康的な標準状態
(まったく病的な傾向がない状態)
を中国語で『太極』と言っています。

陰陽の調和が取れていると健康です。

 

 

 

 

陰陽のバランスが、多かれ少なかれ、いずれかの方向に傾きます。
この傾きが、体質の偏りです。

 

この偏りが、ある限界線を越えると、人間は病気になります。
ある限界線の範囲内を「未病」と言います。
中医学では、未病の状態を治療することで病気を予防します。

 

内容・時間・料金について

 

【内容】
治療・未病を治す・体質改善・自然治癒力を高める
中医学(漢方)養生でセルフケア

 

【時間】
体調が整うまである程度の期間が必要な場合もございます。
体質により三ヶ月〜半年

 

未病の状態では、具体的に数値に出ない場合や、
症状をぶり返したり、主症状がなくなることで
見えていなかった体質が現れることもあります。

ご相談される方の不調の段階にもよりますが、
始められて1〜3ヶ月はきちんと服用いただき、
その後もある程度の継続服用をお勧めしております。

*風邪、軽い不調や病状などは長期間かからない場合もございます。

 

【料金】
ご予算の目安 : 300円 〜 1,500円/日 前後
で服用いただく方が多くいらっしゃいます。

体質により異なってまいります。
ご予約時にお問い合わせいただくことも可能です。

 

 

カウンセリングを通して、
体調や内面の変化を感じてください。

ご自身をいたわり、心と体の健康を取り戻すことで
少しでも、皆さまのお幸せに貢献できれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

漢方カウンセリング*概要

自分の身体を知る

 

自分自身で体調を整えることができる
「安心」を手に入れてください。

それは、たくさんの情報の中から
自分にとって本当に役立つものを
「選ぶ力」を養います。

 

私自身も、いざ不調になった時には
「何か変な病気なのだろうか?」
途端に不安になったのを覚えています。

不調により自分の弱い体質を知って
安心を手にすることで気持ちも前向きになり、
元気を取り戻しました。

その一つ一つが、
自分の身体に向き合うきっかけにもなりました。

 

漢方で、ご自身の本来の健康状態を
体感していただきたいと願っております。

 

自然治癒力を高めて、ご自身で健康を管理する
「安心」を手に入れていください。

 

 

 

 

 

 

 

 

中医学とは

中医学(漢方)の大事な視点

 

それは「未病を治す」です。

 

中国最古の医学書『黄帝内経』には、

「故に聖人は, 已病を治さず未病を治し, 已乱を治さず未乱を治す という。

病になって初めて薬を施し、世の中が乱れてから政治を改革するのは、
渇いてから井戸を掘るようなもの、闘いが始まってから矢じりを作るようなもので、
すでに手遅れというものである」

とあります。
(素晴らしい医師 は,已(既)に病気となってからではなく,
未病状態 から治療を始めるのだ という考え方)

 

「未病を治す」とは、

病気の発生を未然に防ぐという意味で、
病気の感染や広がり、病気の変化を予防するということ。

つまり、早期診断と早期治療ということでもあります。

 

病気や症状によって得られる情報をもとに、

どのように治療や養生をして
日常の健康管理につなげていくか

それが健康であり続けるために大事なことです。

 

 

数千年前から、予防医学は受け継がれています。

「未病を治す」という思想の根本的な方法は、

健康に注意し、
病気にかからず丈夫になるように養生すること。

それは、

体(肉体)を保養すること
心(精神)を修養することです。

心と体ともに健やかに保つということです。