中医学からみる体質〜水(津液)〜

自分を大事にするあなたへ

 

「水分をよく摂るようにしています」

そう仰ってくださる方が多いのですね。

 

その水分が・・・

身体の必要な水分【津液】になるか?
身体の余分な水分【痰湿】になるか?

それはその方の
内臓の力にかかっています!

つまり水分をたくさん摂るならば・・・

「脾胃(胃腸)」「肺」「腎」

これらの臓器が
元気に働いていることが大事です!

 

健康で元気な身体ならば、

「脾胃(胃腸)」の消化吸収力で
津液を生成して、体を潤します。

「肺」や「腎」のスムーズな水分代謝力で
余った津液をきちんと代謝(排泄)します。

 

排泄しきれないと・・・
余分な水分【痰湿】となって
身体に停滞してしまいます。

例えば、

  • 汗をうまくかけない
  • 尿が少ない

これは「肺」や「腎」の機能が弱っていて
身体に余分な水分がたまります。

 

*あなたの「水」のタイプはどちらですか?

【潤い不足タイプ】

・目や喉の渇きがある
・鼻が乾燥する
・目が乾燥する
・皮膚が乾燥する
・皮膚に艶ハリがない
・髪に艶がない
・尿が少ない
・便秘気味
・ほてり、のぼせやすい
・空咳がある
・舌苔が少なく、舌が赤くて乾燥している

 

【水分停滞タイプ】

  • 「脾胃(消化吸収力)」が弱い

・食欲不振
・お腹が張る
・下痢、軟便気味
・太り気味(全身のむくみ)
・舌苔が厚く、べったりしている

  • 「肺」が弱い

・咳や痰が多い
・喘息がある
・胸苦しい(胸が悶える)
・顔のむくみがある

  • 「腎」が弱い

・むくみがある
・尿が少ない
・舌苔が白い

 

【潤い不足タイプ】
体内の津液(必要な水分)が
不足しています。

乾燥状態が多くみられますね。

必要な水分が足りないので
身体の余分な熱を冷ませなくて、

ほてりやのぼせや喉の渇きを
感じることもあります。

 

「脾胃(消化吸収力)」が弱っていれば
必要な水分を生み出せません。

または、高熱や下痢が続いていたり、
大汗をかき続けることでも
必要な水分を消耗してしまいます。

 

*潤す薬膳食材は
鶏手羽元・豚足・すっぽん(コラーゲン)
白きくらげ・はちみつ・ゆり根・松の実
大根・レンコン・白菜・バナナ・キウイ
マンゴー・イチジク・りんご・オリーブオイル など

 

【水分停滞タイプ】
津液(必要な水分)の流れが滞って、
痰湿(余分な水分)が溜まっています。

「脾胃(胃腸)」「肺」「腎」の
臓器が全面的に弱っています。

うまく発汗、排泄ができていません。

だからと言って
ホットヨガやサウナ、岩盤浴などで
発汗すると悪循環になる恐れがあります!

根本的に
「脾胃(消化吸収力)」の弱さがあれば、
津液をつくる力も足りないのですね。

するとさらに
「脾胃(消化吸収力)」が弱まり
潤い不足にもなります。

気をつけてくださいね。

 

こちらのタイプ
ぽっちゃり体型の方が多いです。

下痢や軟便、食欲不振など
胃腸トラブルが
起こりやすい傾向にあります。

ニキビや吹き出物も
出やすかったりします。

 

*脾胃の痰湿によい薬膳食材は
しそ・サンザシ・カルダモン・陳皮
ゆず・春雨・もやし・栗 など

*肺の痰湿によい薬膳食材は
梨・杏仁・のり・ごぼう
桑の葉・枇杷の葉 など

*腎の痰湿によい薬膳食材は
スイカ・ハトムギ・きゅうり
冬瓜・とうもろこしのひげ など

 

水分停滞タイプや、

梅雨時期には・・・
勝湿顆粒がオススメです!

 

生活養生は
適度な運動で気を巡らせて、
津液を養う時間にしっかり
睡眠もとりましょう!

ゴールデンタイムは
22:00〜2:00です^^

 

ココロに愛を♡カラダに栄養を。

あなたと共に成長できることを、
心から感謝しています。