漢方にどんなイメージをお持ちですか?

 

私にとっての漢方は、
暮らしのなかに普通にあるものです。

母は私が生まれた頃に、薬店を始めました。
いつも漢方が身近にありました。

漢方相談をしていて、私が風邪をひくと、
葛根湯や、ときには香蘇散、柴胡桂枝湯、麦門冬湯・・・
などを飲ませてくれました。
お腹が痛ければ、六君子湯、小建中湯。
生理痛には、安中散もよく効きました。

 

このように、馴染み深くて、今でもなくてはならないものです。

こんなときにこの漢方。
自分の体質を知って、その使い方を知っていると、とても重宝します。

 

漢方は、
効能の高い、薬草を中心としたお薬です。
いくつかの生薬が配合されています。
効果の高い主役となるもの、
主役を助けて効果を高めるもの、
副作用を軽減させるような働きで、補佐するもの、
病変部位に働きを導くものや、構成生薬を調和させるのもの。

民間療法のように、一つの薬草ではなくて、
最も高い治療効果が得られるように、
生薬がいくつか配合されているのが、漢方薬なのです。

何千年も昔から引き継がれた、経験と知恵による賜物です。