健康のためにできること

東洋医学では
心身のバランスが崩れると
不調が現れると考えます。

情報に溢れた日々の生活では
本当の自分の声を見失いがちです。

本当の自分が分からなくなると
ストレスを感じるでしょう。
それを放っておけば不調が出てきます。

ココロとカラダはつながっています。

健康でありのままの自分に気づいていきましょう。

それが健康な身体づくりの第一歩です。

不調になった原因を探り、
意識を変えて自分で健康をつくりましょう。

 

店主 荒川 志緒(あらかわ しお)

登録販売者
国際中医専門員
国際中医薬膳師
本草薬膳学院 中医薬膳師コース卒業
北京中医薬大学 日本校(現 日本中医学院) 中医中薬専攻科卒業
イスクラ中医薬研修塾第29期卒業
イスクラ薬局日本橋店勤務

中医学は病気を治すことはもちろん、
病気にならないための知恵が
たくさんつまった中医学。

それは古くも新しい健康のためのレシピです。

漢方(中医学)を通して、三つの柱をお伝えします

本来の健康な自分を知る。
健康になる。
食卓から、家族みんなで健康になる。

きっかけをつかむ

健康になるということは、
自分を知るということです。

不調を探ることは、
ココロとカラダの不調和の
解決の糸口になります。

その不調は
自分だけの問題ではありません。

身近な家族、
自分の周りの人の関わりのなかで
気づくこともあります。

自分もまた、
周りに影響を与えています。

お互いに寄り添い、分かち合い、
伝えることも大切です。

それが自分の健康につながり、
家族みんなの健康につながっていきます。

私は体調不良をきっかけに
中医学に出会い、改めて自分と向き合い、

健康になることで
本当の自分を知りました。
何かお力になれることがあれば幸いです。

カラダが健康であることが
健全なココロにつながり、

生きる力になります。

ココロとカラダを幸せに。

健やかに自分らしく生きる幸せを創造します。