「星火睛明丹」目にいいもの集めました!

ココロとカラダを幸せに!
漢方マイン堂です。

 

昨日実家に電話をすると、
父から、目にいいものが欲しい!
とのリクエストがありました。

父も、もう高齢です。
あちこちカラダの悩みもあるようです。

そこで真っ先に、ぜひ試してもらいたいと思ったのが、

「星火睛明丹(せいかせいめいたん)」でした。

 

年齢に伴う視力の低下、白内障、緑内障、飛蚊症
ドライアイ、涙目、目の充血・・・

こうしたとき中医学で先ず考えるのは、
肝の働きはどうか?
ということです。

目の症状なのに肝??
そう思いますよね。

 

「肝は目に開竅(かいきょう)する」
という言葉があります。

肝の経絡が目に通じているので、
肝の状態が、目に現れています。

だから、目に見えない医学なのですね^^

 

皆さま、スマホにパソコン、長時間のデスクワーク・・・
本当に、目を酷使されていますね。

目の症状にお悩みの方も多くいらっしゃると思います。

 

そのようなときに、ツボ押しもおすすめです^^

睛明は、目の疲れを改善して、
目の働きをアップさせるツボ!

目に直接働きかけて、目の周辺のコリをとり、
痛みを和らげて、不快感を解消してくれます。

ココです!

目を、ホットタオルで温めた後や入浴時に、
心身がリラックスした状態で、
軽く押してあげましょう^^

 

そんなツボの名のついた、
「星火睛明丹(せいかせいめいたん)」

  • 石決明(せっけつめい)
    ・・・アワビの貝殻です。「千里光」の別名をもつ。
    飛蚊症や、かすみ目、夜盲症、視力低下に使われます。
  • 白僵蚕(びゃくきょうさん)
    ・・・カイコからできたものです。
    目の充血、眼圧が高い、涙目によく使われます。
  • 決明子(けつめいし)
    ・・・日本ではハブ茶として知られるエビスグサの種。
    目の充血や痛み、涙目、視野狭窄などの目の疾患に使われます。
  • 酒黄精(しゅおうせい)
    ・・・ナルコユリの根茎をお酒で蒸したもの。
    肝と腎を補い、ドライアイや視力低下などに使われます。

 

など、中国で古くから眼病に使われてきた
生薬たちで構成されています!

その他にも、
色彩コントラストを改善して
疲れ目を改善する「ルティン」、

ピント調節機能や
網膜の血流を改善する「アスタキサンチン」
も入っています。

 

確かに、父は肝の高ぶりやすい性格でした・・・
性格は体質をつくりますね。。
父に試してもらおう。

動物・植物性素材の組み合わせ

根本体質によって、
肝の陰血を補うことや、血流をよくすること、
余分な水分を排泄することも、
合わせて改善すると、
より効果が実感できるかと思います。

 

ココロに愛を♡カラダに栄養を。

あなたと共に成長できることを、
心から感謝しています。